本文へ移動

お久しぶりです!

2022-08-08
こんにちは  
かなりお久しぶりの更新になってしまいました(恒例になりつつ、ある??)

現在は、工事真っ最中です
今おこなっているのは、「下水道管」を新たに新設・整備が予定されている箇所の「上水道管」仮設工事です。
↑ややこしい??

現在日本において、人の住んでいる地域では上水道管はほぼ整備されているかと思います。
でも、下水道管は地域によってはまだまだ整備途中で、各ご家庭で浄化槽を設置しておられるところもたくさんあると思います。

そして、新しく下水道管を整備するにあたり、一般的には自然流下である下水道管の方が上水道管より地下の深い位置に埋められる事が多いです。(もちろん絶対ではありませんよ

そうなると、新しく下水道管を整備する時にどうしても上水道管が干渉(じゃま)してしまう箇所が出てくるんですねそこで、下水道管の工事の為に今ある上水道管を一旦別の位置に移してやる必要があるんです。

と、いう内容での「仮設工事」となります
仮設用に準備した新しい配水管です。
仮設管を埋めようと思った位置に何やら使用中とおぼしき管が出現。
現在の上水道管が埋まっている場所とは別の場所に、仮設用の上水道管を新しく埋設します。
左の写真、黒い管が新しく準備した上水道管になります。

ところが、これを埋設しようと掘削したところ・・・
また別の管が見つかりました。(右の写真)
どうも、現在も使用中の管のようです

と、いうことで更にお隣へ仮設管を埋設する事に。
掘削幅を予定よりも広げて掘り、見つかった管を避けて無事に仮設管を埋設しました

ちなみに今回のような下水道工事に伴う仮設工事、とは反対に、下水道工事が終わった後に仮設管を再び本設の耐震管に戻す工事もあるんですよ。

下水道工事は土木工事の管轄ですが、上水道管は水道施設工事の許可を持った指定業者ではないと勝手に触って工事ができないので、下水道の整備が終わると再び出動というわけです
そして、すっっっかりご無沙汰で、前回の試験に挑戦した結果をお伝えしておりませんでした

無事に受験者全員合格いたしました~
って、いつの話だよ。てか何の話だよ。くらい間が空いてしまいましたが、ご報告まで

間が空きすぎて忘れちゃったよ!という方は、一つ前のブログをご覧ください


  
 
前ページ◀ | 記事一覧 | ▶次ページ
 
TOPへ戻る