本文へ移動

深礎工、掘削進んでいます!

2022-07-25
カテゴリ:【P8】
こんにちは
本日はP8の様子をお伝えします

前回までで、ガイドウォール(周辺のコンクリート)が完了していました
その後、どんどん進んでいる掘削の様子をご覧ください

※写真をクリックすると拡大します。
ガイドウォールのコンクリートより上は転落防止柵です。
掘削度はクレーンで仮置場へ移動させます。
3リング目の50cm掘削できました。
ライナープレート取付中。
掘削を進める前に、まずは転落防止の柵を周辺に設置しました。今はまだ1mの深さですが、これから11m下まで掘り下げていきますので、安全対策が第一です

内側からの側面を見ただけでは材質が一緒なので分かりにくいですが、上から2列が転落防止柵・その下からが深礎杭のライナープレートです。

掘り下げていくスペースは直径6mの円形になります。小さなバックホウ1台で地道に掘削掘った土はクレーンで吊り上げて旋回させたところに作った仮置き場へ移動させます。(↑写真2枚目)

クレーンで吊っているのは小さなワイヤーモッコ(掘削土を入れるためのネットみたいなやつの名前です)なので本当に地道な作業です
50cm掘削が進んだところでライナープレートを1列取り付けます(これまで1列、2列と書いてきましたが、写真で「リング」と数えているのでここから統一しますね

こんな感じで、1サイクル50cmずつを繰り返しながら掘り下げていっています
岩盤ははつらないと掘削できません。
断面、岩ですね。
細かい部分は手作業です。
10リング目(5m)まで掘削できました。
転落防止ネットも設置しています。
しかーし、4リング目で早くも岩盤が出現
バックホウの先端をバケットからはつり機に付け替えての作業になりました
※最初から岩盤である事は分かっていたので予定通りではあります。

掘削後の断面を見ても、しっかりと岩なのが分かるかと思います
その他の手順はこれまでと一緒50cm掘り下げて、ライナープレートを1リング設置です

それの繰り返しで10リング目(5m)まで進みました~深礎杭の深さ?長さ?11mまで、約半分ですね。

地盤が固いのもあり、最下部まではもうしばらくかかりそうです。
施工をしていない間は穴の上に転落防止ネットも設置していますよ

本日も無事に、無事故・無災害で作業を終える事が出来ました。
ありがとうございました!
 
  

●●● 記事一覧 ●●●
過去の記事
TOPへ戻る