本文へ移動

アスファルトカッター切断と試掘

2021-04-13
工事の本格施工をするにあたり、アスファルト舗装のカッター切断と試掘をしました。

今回の工事では、道路の舗装を剥がしバックホウで管路を掘って管を埋設する「開削工事」も部分的に行います。
その時に掘る部分のアスファルト舗装がすぐに剝がせるように、カッターで切込を入れておく作業を最初に行うんです。
前もってマーキングしていた切断ラインに沿ってカッターを入れます。
出来上がりはこんな感じ。
立坑をおろす縦穴部分は八角形に切ります。
切断後。
前もって切断ラインをマーキングしていますので、その線に沿ってカッターを入れていきます。

開削部分は幅1m。
立坑をおろす縦穴部分には八角形に切断します。

切断後は舗装に切込が入った状態です。

開削部分の舗装を剥がすのはまだしばらく先の話ですが、今回は八角形に切ったところを試掘しました。
切断した形そのままにキレイに剥がれました。
試掘、試掘。
1.5m掘りました。
覆工板をして復旧です。
この八角形部分は、縦穴を開け立坑を地中に設置する部分です。
立坑築造工事については今後の記事で書きますが、大きな機械を設置し、直径1.5m~2mのこれまた大きな鉄筒を地面に差し込みながら地中を掘る工事です。

施工がスタートして、途中で大きな石や障害物など、工事の妨げになるようなものが出てきても対応が大変なので、こうして前もって試し掘りをして、地中の確認をしました。

舗装の切れ目にバックホウのツメを引っ掛けると、キレイに舗装が剥がれました
↑それにしても、まんまキレイに剥がれすぎな件ww

今回は立坑設置の5箇所、それぞれ1.5mまで掘りましたが特に問題となるようなものは出てきませんでした
来週からの工事も無事に終われるのではないかと思います。

それまでは覆工板を被せて仮復旧をしています。
※もちろん、掘った穴にはまた土を埋め戻しています

本日の作業も無事、無事故・無災害で終えることが出来ました。
みなさま、ありがとうございました!!
 
 
 
◀前ページ | 記事一覧 | ▶次ページ
TOPへ戻る