本文へ移動

久米/県道岡山倉敷線(白石橋)既設橋撤去工事

この工事は、一級河川笹ヶ瀬川に架かる白石橋を拡幅する為に計画上不要になる既存の歩道部分を撤去する工事です。
この橋は都市計画道路であり、岡山倉敷線の4車線化に伴い拡幅される事になりました。
橋梁を使用(供用)しながら一部分を撤去する工事は非常に稀で、難易度も高くなります。
施工作業場を確保するために河川内に鋼製仮桟橋(幅6M・長さ65M)を設置します。
撤去部分と残存部分の切断は、残存部分への影響を最小限に押さえる事が可能なワイヤーソーイング工法を使用します。
切断後の橋は、100t吊のクローラクレーンにて撤去搬出を行います。
 
河川内にて工事を行いますので渇水期内(10月20日~翌年6月15日)に工事を完成しなくてはなりません。
そのため、工程の管理が非常に重要となってきます。
近隣住民の方及びご通行の車両・歩行者の方々にはご迷惑をお掛けしますが、安全第一に作業を進めてまいります。ご理解とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
TOPへ戻る